Blog

宮城県・角田の面川農場に行って、田植えの手伝いをしてきました。

仙台から阿武隈急行の直通に乗り、角田市・岡へ。
阿武隈急行

以前、種まきを撮影・お手伝いに来ていたので、あの時の種がしっかり苗になっていて、ちょっと嬉しい気持ちになります。
田植え

田植え機を使うといっても、その周りでの下働き作業は色々あります。田植え機が次々と苗を植えられるように、必要な苗の束を準備しておくこと、往復してきた田植え機に次の苗を載せていくこと、載せたそばから育苗箱を洗って次使う時に備えること、などなど。
田植え風景

田植え機の上でも、苗をどんどん植えていっちゃうので、カートリッジのようにストックしてある苗を後ろの機械に装填していく作業があります。だいたい1往復で7〜8枚は使います。またきちんと詰まりなく植えられているかをチェックするのも大切な役目。
田植え

今日は少し霞んでますが、遠く後ろには蔵王山も見えてます。角田の美しい景色。
田植え風景

5月初旬だというのに日差しは強く、1日お手伝いしただけですが、腕と顔をすっかり日焼けしてしまいました。ヒリヒリしてるし、すっかり全身筋肉痛。笑

田植え機を使った田植えは初めて体験しましたが、こんなに色々な細々とした作業があるのは初めて知りました。
面川さんの所のお米、うちでも頂いてますが、あの美味しい米はこうやって生まれてくるのかと興味深く思っていました。
田圃の整地から見させてもらってますが、一年を通して見続けたら、結構おもしろいでしょうね。

面川農場:http://www.omokawa.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article