Blog

梅雨の季節や花粉の季節は部屋干しするものがたくさん。だけど物干し竿って屋内では使いにくい・・・

そんな時に一工夫。うちには鴨居があったので、鴨居に物干し竿を引っ掛けて使うストッパーを作りました。

2014-0710_12-50-01

鴨居まわりの寸法を測り、クリップのように止められる爪を付ける。そして物干し竿の先端にある小さな穴にピンを挿して固定できるように設計します。SketchUpでサクサクっとモデリング。
2014-0710_12-29-05

3Dプリンタで出力し・・・
2014-0710_12-13-19

出来上がったものがこちら。
2014-0710_12-14-29

襖の溝も利用して、カチッとはまります。またピンの下側には滑り止めシートを付けているので、物干し竿を乗せた時にその重さで固定されるようになっています。
2014-0710_12-24-28

うちではこれを2本分用意して、たっぷり部屋干しできるようになりました。年間通して、雨の日でも安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article