Blog

宮城県栗原市の門傳醸造に行って、竹と戯れ山菜を楽しんできました。

門傳醸造
門傳醸造は遠い親戚でよく行っているのですが、裏山にはたくさん竹が生えており、今日せっかくだからこれで遊ぼうよ、ということで器作りが始まりました。

まずは採ってきた竹を必要な長さに切る。器にするため、節を活かします。
竹を切る

さらにナタで割る。上からガンガン叩いて刃を入れていきます。
竹を割る

出来上がった竹の器。美しい。
竹の器

そして採れたての山菜に、さらに竹箸も作りました。
山菜と竹箸

作ったばかりの竹の器と竹の箸。美味しい山菜を肴に「門傳」を頂く。至福の時です。
門傳と山菜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article