Blog

2012年の秋から2013年の春にかけて、「手とてとテ」というウェブサイトのコンテンツのひとつとして「堤焼」紹介映像を制作しました。工房では土地の空気を感じながら作品製作をしている、というエピソードから、周辺の自然風景を多く盛り込んだ構成となっています。

撮影は3回、秋・冬・春と季節を巡りながら行いました。秋の紅葉した木々のざわめき、冬の凍った沼や水の雫、そして木々が芽生える春と大きな変化に富んでいました。
工房作業の撮影では、真剣な造形作業はもとより、釉薬に浸す時のポコッという音が新鮮でした。これは器の中まで液を巻き込むための動作だそうです。映像中には含まれていませんが、釉薬を作っているシーンも見ものでした。

Camera / Edit : Kazuhiko Ota Monden
Director : Daisuke Takahira (dmp)

<関連リンク>
手とてとテ「堤焼」
http://tetotetote-sendai.jp/tsutsumiyaki/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article